貧血のサプリメントは?
貧血のサプリメントは? > 対策 > 貧血の改善に摂りたい食べ物とは?

貧血の改善に摂りたい食べ物とは?

自分が貧血だと自覚している人は、食べ物から見直す必要があるでしょう。

貧血の原因の多くは鉄分不足と言いますから、食べ物を摂り入れる場合もポイントがあります。鉄分を多く含む食べ物と、吸収されやすい鉄分の摂り方を考えてみましょう。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄に分けることができますが、ヘム鉄の場合は体内で10パーセントから20パーセントが吸収され、非ヘム鉄は1パーセントから6パーセントが吸収できます。

ですから貧血に良い食べ物はレバーなど動物性の食べ物をメインにしたほうが良いです。豚や鶏、牛のレバーや豚足など肉類、魚介類であればアサリやウナギの肝、いわしやカツオなどが代表的な貧血に良い食べ物です。

しかし鉄分は吸収率が悪いので、体内で吸収しやすいようにたんぱく質やビタミンCを一緒に摂ると良いでしょう。たんぱく質は肉や魚、豆類に多く存在しますから、肉で鉄分を摂れば、自然とたんぱく質を一緒に摂ることができます。

またビタミンCで言えば芋類やキノコ、野菜や果物などがあります。ブロッコリーやピーマン、レモンやパセリ、ゆずやいちごなどが有名です。

また、鉄分をヘモグロビンに変える造血作用を持った食べ物も重要で、葉酸やビタミンB6、ビタミンB12も多めに摂ったほうが良いですね。

葉酸は枝豆やモロヘイヤ、アスパラガスなどに含まれ、ビタミンB6で有名なのはバナナやアボカド、大豆やカイワレ大根などです。ビタミンB12に関してはシジミやプロセスチーズ、醤油や卵、ビールにも含まれます。

貧血に良い食べ物は鉄分以外にも造血作用や吸収の良い食べ物を選んでバランス良く食べることが基本です。バランスを取った食事で鉄分をより効果的に体内に回すことができます。貧血改善もできますし、予防もできますから、おすすめです。

同ジャンル・関連ページ

貧血にはどのような対策があるの?